【小説】少年舞妓千代菊シリーズ

少年舞妓千代菊シリーズ
作家名 奈波はるか
出版社(サイト)名 集英社
シリーズ名 コバルト文庫
カップリング区分 その他(無性など)
年の差区分 年上男×年下男
ジャンル 現代もの
ジャンル(複合) -(なし)-
紹介文
最近なんでもありなコバルト文庫でもちょっと異色のシリーズです。

主人公は中学1年の少年(13歳)。京都・祇園の置屋の息子である主人公は、とある理由で1日だけ見習い舞妓としてお座敷を回ります。けれど1日だけの身代わりのはずだったその舞妓にファンがついてやめるにやめられない状況に・・・。
・・・というかなりベタに笑えるお話です(笑)。

主人公扮する舞妓(千代菊)にベタぼれする男が続出(笑)で、特にその筆頭である32歳・バツイチ・関西実業界の御曹司がもう最高に笑えます!!

一応舞妓である千代菊がもてる話なので、見た目には一見男女カプな年の差ものなのですが、実のところは男の子なのでボーイズラブに分類されてしまうのかも?
とりあえず、いい年した男どもが13歳の舞妓にメロメロになってるのが楽しい(笑)作品です。
既にけっこう巻数が出ていますが、一気読みも可能な手軽さです。
 記入者 多岐川彰  2006/06/14/19:06:42  No.30


++HOME++

[TOP] [総合ランキング] [検索] [BACK]
shiromuku(r)DATA version 1.20